父子3人が『品位とモダン』を制作コンセプトに、それぞれの特徴を生かした物づくりをしています。
白磁・青磁・ルリ釉の品を中心に、染付・イッチン・彫刻など手描きにこだわって制作。花瓶類や時計、日用食器、子供食器等、多種多様手掛けています。

 

■ 大西 先 (おおにし はじめ)
  1941年生。鳴門市出身。
1962年 京都市工芸指導所 陶磁器専修科卒
     (現 京都市産業技術研究所 工業技術センター)
1970年 砥部町に移住 砥部焼を始める

○日本工芸会正会員
○一水会陶芸部常任委員
○愛媛県美術会会員
○手ろくろ成型一級陶磁器技能士

起業年 1970年
陶芸の世界に
入ったきっかけ
窯元の跡取りだったので
どこで陶芸を
学んだか
京都市工芸指導所
(現 京都市産業技術研究所 工業技術センター)
作品の特徴 ロクロでひく形にこだわり、装飾は彫りを少しする程度

今後手がけて
みたいこと

地場産業の砥部焼きであるので、今後も大切につき合ってゆきたい。
 
 
窯元名 有限会社 大西陶芸
住 所 伊予郡砥部町北川毛796
代表者 大西 先
T E L 089−962−2456
F A X 089−962−7785
営業時間 8:00〜17:00
休業日 (工房)日曜・祝日・土曜不定休 (ショップ)不定休
駐車場 あり
見学の可否
陶芸教室 なし
ホームページ http://www.h2.dion.ne.jp/~ohnishi/

 

     


砥部焼協同組合トップページ