白磁または青白磁で、花瓶・壺・香炉・鉢等に、櫛目を入れたり彫刻し象嵌し、清楚に仕上げている。もちろん、手造り、ロクロ成形である。
他に小物で、アクセサリー・ペンダント・イヤリング・ブローチ・はし置等多種多様(例えば動物・やさい等)、手造りで作っている。

 

■ 高橋 正 (たかはし ただし)
  1944年生。西条市氷見出身。
砥部高等学校卒業、梅野製精所勤務
1968年 青年海外協力隊(2年間) フィリピンで窯業指導
1976年 正月窯 築窯
1983年 日本工芸会 正会員認定
1997年 伝統工芸士(ロクロ部門)認定


起業年 1976年
陶芸の世界に
入ったきっかけ
砥部高等学校に入った。
絵を描くことが好きだった。
どこで陶芸を
学んだか
梅野製陶所
作品の特徴 壺、花瓶、食器、すべて白磁か青白磁に彫刻したり象嵌をして、一つ一つ手造りロクロ成形

今後手がけて
みたいこと

今までできなかった酸化焼成等を、ゆっくりのんびり手掛けたい。
 
 
窯元名 正月窯
住 所 伊予郡砥部町五本松142
代表者 高橋 正
T E L 089−962−3179
F A X   同上
営業時間 9:00〜18:00
休業日 不定
駐車場 あり
見学の可否
陶芸教室 なし
ホームページ なし

 

     


砥部焼協同組合トップページ