呉須(藍)、釉裏紅(赤)、鉄砂(茶)、上絵(赤、緑、黄)を用いた食器を主に作っています。
食卓の上で気取らず、あまり主張しすぎることなく、料理とけんかせずといった健康的かつ多用途に使える堅牢な食器をめざしています。

 

■ 中田 正隆 (なかた まさたか)
  1946年 愛媛県砥部町にて出生
1964年 砥部梅野製陶所へ作陶修業に入る
1969年 技術院名古屋工業技術試験場にて釉薬の研究
1971〜73年
 インドビハール州工業試験場にて、青年海外協力隊員として陶器製作指導
1974年 砥部にて中田窯独立
1986年 伊予郡広田村(現砥部町)に移転

起業年 1974年
どこで陶芸を
学んだか
梅野製陶所
技術院名古屋工業技術試験場
作品の特徴 呉須、釉裏紅、鉄、土絵にて絵付けした、主に食器を作っています。

今後手がけて
みたいこと

用を美を兼ね備え、今日の生活を豊かにし生活を楽しくする焼き物作りを目標としています。
 
 
窯元名 中田窯
住 所 伊予郡砥部町総津159−2
代表者 中田正隆
T E L 089−969−2077
F A X 089−969−2110
営業時間 9:00〜16:00
休業日 日曜・祝祭日、第2・第4土曜日とそれに続く月曜日
駐車場 あり
見学の可否
陶芸教室 なし
ホームページ http://www3.ocn.ne.jp/~mnakata/

 

     


砥部焼協同組合トップページ