白磁に呉須で、花、魚、動物の文様を絵付けしています。
形と絵付で「人となり」みたいなものが出て来れば、と思っています。
「あたりまえ」に作られていて、「やんわり」と主張し、使っていて豊かな気分になれるような器を目指しています。
 

■ 西岡 達郎 (にしおか たつお)
  1947年生。
砥部町出身。
武蔵野美術大学で油絵を専攻。
砥部焼観光センターに11年間勤務。その後88年に独立。

起業年 1988年
陶芸の世界に
入ったきっかけ
砥部の出身で砥部焼が身近にあった。美術系の大学で学んだことを活かせる仕事がないか探した。
どこで陶芸を
学んだか
砥部焼観光センターで絵付けを担当した。仕事が終わった後にろくろの練習をした。
作品の特徴 手作りのろくろ成型、手描きの絵付けにこだわっている

今後手がけて
みたいこと

新しい染付け文様を考えたい。
 
 
窯元名 青達窯
住 所 伊予郡砥部町大南758
代表者 西岡達郎
T E L 089−962−5345
F A X 089−962−5509
営業時間 9:00〜18:00
休業日 不定
駐車場 あり
見学の可否 要事前連絡
陶芸教室 なし
ホームページ なし

 

     


砥部焼協同組合トップページ